FC2ブログ

福岡/漢方/にきび/不妊/アトピーのご相談は漢方みず堂 薬剤師募集 

漢方みず堂ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

先日姉の家へ遊びに行った時の事
去年他界した姉の嫁ぎ先のお姑さんが書き残していた詩をまとめた本ができていて、お舅さんの計らいで私も頂くことができました。

その名も「愛惜の文集」
お姑さんのノリコお母さんさんは文章を書くのが大好きだったので、新聞に投稿したものや、日々の出来事をつづっていたものをまとめた一冊です。
自分の生きた証が、本になって残るって素敵なことだなと思いました。

ノリコさんは感性が高く、アーティスティックな方でした。
姉の子供(ノリコさんの初孫)のお雛さまの節句には、大きなバラの花束と一緒に「バラの花びらをちぎってお風呂に浮かべて、みのりちゃんをお風呂に入れてあげて」とメッセージが送られてきたそうです。

本当に面白い方でした。
私がノリコさんに送った『アルケミスト』という本を、とても気にいってくれ
「私も羊飼いと一緒に冒険したわ!ありがとう」と言ってくれたノリコさん

私はノリコさんの感性がとても好きでした。

今日はノリコさんの文集の中で気にいった 『木』 『影法師』をご紹介します。

ノリコさんが21~22才のころの文章だそうです。
独特な世界観に引き込まれました。

時に『木』は、その当時ノリコさんが抱いていた恋心を表してるのかもしれません・・・
『影法師』は22歳とは思えない大人な雰囲気の文章です。

よかったら読んでくださいね!


竹野 喜美恵


『木』

木がある

何でもない木である
ただ やけに大きくて
のびのびしている
しゃくにさわるくらいだ

どっしりしている
ダテに大きくなったんじゃないぞ と
いいたそうだ
まっすぐにそびえている

毎朝
こうなりたいものだ
見上げて深呼吸して通る

にくらしいくらいだ
何でもない木だ
好きだ

1961年2月 ノリコ 21才



『影法師』

影法師は
いつも私にくっついてまわる
けれど別に気にならないし
重荷にもならないし
歩くにじゃまにもならない
だから
私はあなたにとって
影法師のような存在でありたい

なければないでいいようなもので
あろうけどなければないで
気になって探しまわらなければ
ならないような

私と影法師は
一緒にいて不思議はない
一緒にいるのが当たり前なのだから
だから
私はあなたにとって
影法師のような
存在でありたい

見えないようでも
どこかに息をひそめていて
思い出したようにふりかえってみて
目の中に
ちゃんと飛び込んできてくれる
影法師のような

1962年1月 ノリコ 22歳

2013/10/19 14:45 | ファミリーTRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 

TOP漢方について店舗紹介スタッフ紹介漢方講座キャンペーンみず堂ブログ無料相談・お問い合わせリンク集

【営業部・通販部・本部】〒840-0201 佐賀市大和町大字尼寺3042-6 TEL:0952-20-8886 FAX:0952-20-8887 E-mail:mizdohonbu@mizdo.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。